新車のフロアマット選びに困ったら社外品もオススメです

つい最近ですが車をアルファードに買い換えました。新車での購入です。色々とオプションを選び、購入時にしか付けられないオプション以外は社外品の物でそろえる事にしました。ステアリングやシートカバー、カーナビゲーションなどインターネットから情報を仕入れ、納車までにはほぼ付けたい物をそろえる事が出来たのですが、最後まで決まらなかった物がフロアマットでした。
決まらなかった理由は幾つかあるのですが、1つ目は純正品でも良かったが値段が高かったと言う事です。2つ目は社外品のフロアマットの品質に疑問を持っていたと言う事が主な理由でした。
そんな中、社外品のシートカバーを注文していたメーカーのサイトを見ていたところ、シートカバーだけではなくフロアマットも注文できる事が分かったのです。てっきりそのメーカーはシートカバー専門メーカーと思い込んでいた為、カバー以外の項目にはまったく目がいきませんでした。
よく見てみると、ベーシックな単色モデルからカラーなどをカスタマイズできるモデルまで種類が豊富な事が分かりました。以前からシートカバーのクオリティーの高さは知っていたため、このメーカーなら下手な品質の物は無いだろうとの判断からカスタムフロアマット選択する事に決めました。また、価格も純正のフロアマットと比べて約半額だった事もこれに決めた理由の1つとなりました。

オーダーから約一種間ほどで商品が到着しました。商品を確認してみると、想像以上に質感の高いフロアマットだと感じました。もしかすると品質や出来栄えは、純正品よりも高いかも知れません。シートとの色味の相性も良く、より高級感が増した印象となりました。マット部分のカラー選択が出来る事もそうですが、縁取り部分のカラーも選択する事が出来る事も、このマットの魅力です。頭の中で描いていた室内にかなり近い空間になりました。フロアマットというのは内装の印象を象徴するアイテムの1つなのでとても大切な物と考えているだけに、クオリティーの高い製品が装着できて大変満足しています。新車購入時には社外品のフロアマットを通販で購入するのも選択肢の1つとして考えても良いかも知れません。

 

新車にも社外品フロアマットを敷いてみよう

 

新車を手に入れるのはとてもテンションの上がる大切なイベントのひとつです。紆余曲折を乗り越え大きな買い物になるわけですから喜びも一入ではないでしょうか。そんなこだわりの新車には、もちろんのこと純正のピカピカフロアマットが敷かれています。でも純正の場合はどこか簡素で物足りなさを感じてしまうもの、そんな時にはおもいきって社外品のフロアマットを取り入れてみるのもオススメの方法です。

見渡してみると結構、さまざまなフロアマットメーカーが存在することに気づかされ、身近なところでは街の100円ショップやディスカウントストア、ホームセンターなどでも販売されていたりするのです。

しかしやっぱり新車にピッタリなのは、それなりに名の知れ渡った専門メーカーのフロアマットだと思います。随所にこだわりを見せ、予算や要望に応えられる豊富なラインアップも実現しています。そして愛車にピッタリ納まってくれるよう、車種別に設計されているところもポイントです。あるメーカーでは絨毯のようなフカフカ仕上げ、画像で紹介されているのですが500円玉が立つくらいの毛足です。しっかり目も詰まっているので踏み込んだ時の踏ん張りにも安心感があります。裏地はずれにくい素材を選択、さらに床下からのロードノイズなども吸収し静かな室内にしてくれます。消耗が激しい運転席では、ヒールパッド加工が施されているのも心憎い演出でしょう。カラーバリエーションとしては本体とエッジ、ヒールパッドそれぞれに好きなカラーを配置可能、数十種類からの選択肢は1000以上にもなるとされています。ポップな感じに仕上げるも良し、大人的に上品さを求めるも良し選び方はアナタ次第です。購入は手軽なネット通販で求められ、1台分のオーダーはもちろん運転席や助手席、ラゲッジスペースといったように欲しい部分だけの単品での購入も可能だったりします。価格帯としては1台分で約2万円から5万円くらいとなっています。

 

PR:工務店向け集客ノウハウ/生命保険の口コミ.COM/生命保険の選び方/お家の見直ししま専科/マッサージのリアル口コミ.com/SEOアクセスアップ相互リンク集/英語上達の秘訣/JALカード/貯蓄/健康マニアによる無病ライフ

コメントは受け付けていません。