新車のフロアマット交換で社外品の安いものを選びました。

私は数年前、新車でミニバンタイプの日産のセレナを購入しました。
我が家は私と妻、小学6年生の娘と小学4年生の息子の4人で暮らしているのですが、子供たちの今後の成長を考えて、ゆったり座れる8人乗り3列シートのミニバンタイプの車にしたのでした。
私はそれまで、車の購入というといつも中古車ばかりで、新車での購入は初めてだったので、車選びからディーラー回りまで、ワクワクしながら納車までを楽しんでいました。
車種やグレードを選択し、その後のオプション選びの際、ディーラーの係員から「フロアマットはどうなさいますか?」と尋ねられました。フロアマットがオプションだということに、新車を初めて購入する私は驚いたのですが、これはどの車でも同じということだったので、私はそんなものかと思い直し、この時は価格もかなりする純正のフロアマットを選び購入しました。
それから数年が経ち、現在、私の通勤や家族のショッピング、レジャー、ドライブなどでこの車を使うほか、昨年から地元の野球チームに入団した息子の送迎などにもよく利用するようになりました。
夏場などは遠征もよくあり、そのような際は他のチームメンバーの子供たちも数名乗せて走っています。野球は土のグラウンドでの試合や練習が多いため、複数名を車に乗せるとすぐにフロアマットが泥だらけになってしまいます。
私のフロアマットは毛足の長いラグジュアリータイプなので、砂が深くに入り込み、掃除も大変なのです。
そこで、フロアマットを交換しようとカー用品店に行ったのですが、よほどのこだわりや高級なものを選ばなければ安価なものなどいくらでもあり、私は再び驚いてしまいました。新車購入の際のオプション選びでは、社外品のフロアマットなど頭になかったのですが、このとき社外品の存在をきちんと知っていれば、オプション費用ももっと安く抑えられたことでしょう。後で調べてわかったのですが、車体の大きいセレナはもちろんフロアマットも大きいため、ディーラーで購入する純正のフロアマットの価格は高いという事。
今回のフロアマット交換ではセレナ専用の社外品の安いものを購入しましたが、何の不具合もなく、乗っていても快適です。

コメントは受け付けていません。