車のフロアマット選び 純正品それとも社外品

新車を購入する際にマットを購入するケースは多いと思います。昔は付属品として備わっていた時もあったようですが、今ではオプション扱いとなっており購入は自身で決断する事になります。そこで今回は、車のフロアマット選びでの方法について述べたいと思います。
マットの役割について
泥や砂、小石などから内装(内張り)が汚れるのを防いでくれます。内装(内張り)が汚れてしまった場合は簡単に掃除する事は難しく、かといって簡単に貼り替える事ができるものでもありません。汚すのは大人というよりも子供の場合が多いですよね。子供が誤ってジュースをこぼしたなんて時も、マットが引いてあれば取り外して洗うだけです。また、マットを敷く事でアクセルやブレーキ操作時の足元の安定感も高まります。その他にも車内の雰囲気を変えたりロードノイズを抑えたりするといった効果も期待できます。

純正と社外品のフロアマットの違いついて

マットはディーラーで販売されている純正品とそうでないマット、いわゆる社外品の2種類に分けられます。純正マットは車種専用につくられていますのでもちろん、車にぴったりのサイズです。一方で社外品マットの場合は、幅広い車種で使用できる汎用タイプのマットが多く、汎用品は大きすぎたり、逆に小さすぎたりとフィット感に欠ける事が起こりやすいです。しかしながら、純正品に関しては安い場合でも数万円と高額、社外品であれば半額程度で売られている、といったように費用面で大きく差がでています。
おすすめは社外品の車種専用タイプ

社外品のフロアマットの品質に疑問を持たれている方もいると思いますが、実際に調べてみると販売されている社外品のフロアマットな中には、純正品をもしのぐ高品質のものをあります。最近では通販などで社外品でも車種専用設計のフロアマットが販売されています。これであればサイズも純正同様にフィット感抜群である事や、価格面においても純正品に比べて格安で購入する事ができます。大きな違いといえば、車のロゴマークがあるのかないのかの違いぐらいです。また、デザインやカラーバリエーション、さらには素材の種類も豊富という点においても、社外品マットは非常に魅力を感じます。
専用設計タイプの社外品マットは、近くのカー用品店では置いてある種類も少ないです。そこでお勧めなのが、インターネット通販を利用する方法。カラーも素材も色々なものが売られており、自分にあったものが見つけられると思います。現物を見る事ができないのが難点ではありますが、販売店によっては生地のサンプルを送ってくれるところもあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。