故障品 の 修理 がダメだったので ジャンク品 として 出張買取 してもらいました

私がフロアマットを選ぶときに最も重視しなければいけないと思うことは、素材やデザインではなくマットの形や大きさが車にあっていることと、ズレ防止のための留め具がきちんと付くかどうかです。

メーカーの純正品であれば形はもちろん、ズレないよう留め具がきっちりと付くはずです。フロアマットは通販等でも価格の安いものが数多く販売されています。大きさや素材も多種にわたりますが、純正マットの上に置くだけの製品は走行中にズレてペダルの下に入り込んだり、ペダルの上に被ってしまったり大変危険です。サイズが大きすぎても同様です。ブレーキペダルの下に入り込んでブレーキが踏めなくなったり、アクセルペダルの上に被ってしまいアクセルが戻らなくなったり、考えただけでもゾッとします。

ですので社外品でも車種専用のフロアマットを選ぶのがベストではないでしょうか。どうしても欲しいデザインや素材が無ければ自身で合わせてカットしたり、マジックテープなどで動かないようしっかりと固定するべきと思います。デザイン性ばかりを重視し安全がおろそかにならないよう注意したいものです。

私は車の社外や社内を コンプレッサーを使ってエアガンで掃除をします。先日いつもの様に使っていたらコンプレッサーが起動しなくなってしまいました。1年前に壊れた 発電機とコンプレッサーの修理をしましたが修理不可という事で、発電機と コンプレッサー 共に ジャンク品 として 出張買取 してもらいました。

 

コメントは受け付けていません。