良きパートナーとして、広告代理店が経営を軌道に乗せてくれました。

会社の事業としてネイルサロンをオープンすることになり、担当者として私が指名された時のことです。まず最初に店舗案内のパンフレット、オープン告知のチラシの制作に取りかかることにしましが、何から手を付けていいか分からず、知り合いが在籍していた広告代理店に依頼すことにしました。

制作物の内容や予算を大雑把に相談すると、さすがプロと思えるアドバイスが出てきました。以前にネイルサロンの広告宣伝を担当したことがあったらしく、その時の経験談は特に参考になったと思います。

相談した数日後には、制作物のラフデザインと見積もりの提出があり、すべてが満足できる内容でした。最も感心したのが、私のあやふやな要望を、きちんと表現してくれていたことです。実際に納品されると、サロンのイメージ通リのイラストやコピーが落とし込まれた印刷物を見て、サロンスタッフは絶賛でした。

オープン後も広告代理店との付き合いは続いています。広告宣伝で困ったことが出ると、すぐに訪問してくれて的確なアドバイスをもらえるので大助かりです。また、キャンペーンをはじめWEBや紙媒体の広告、ポップなどの提案をしてくれて、集客UPに繋がっています。順調に集客できていると安心して何も手を打たないものですが、広告代理店が少し先を見据えた提案をしてくれることで、売り上げの落ち込みも無いまま推移しています。

社内やサロンスタッフの考え方だけでは、サロン運営は決して上手くいかなかったでしょう。広告宣伝のプロである広告代理店を信頼し、タッグを組んだことで、成功に繋がっているのだと思います。

コメントは受け付けていません。