フロントグリルの交換で、新車顔に変わりました

ドイツ製の外車に乗っています。走行距離が少ないということで10年落ちの中古車のセダンを買いました。

国内でもジャーマンスリーと言われているブランドの一つです。こまめに手入れしているのでボデイの美観は良い状態を保っているのですが、金属性の所は手ごわいです。特にフロントグリルはきついです。磨けば傷がつきますし、腐食しているのはどうしようもありません。

それでディ-ラ-に行くと、想像していた価格より、一桁多い金額の見積もりが出たので決心しました。自分でしてみようということで、ネットを探してみました。「フロントグリル、未使用品」で検索をかけてみました。意外や意外、たくさんヒットするのです。想像していなかったので、少し感激したのと、通販で買う場合でも、新品、未使用品、中古のフロントグリルがあり、値段もかなり差があるのでした。

私の車が新車で購入したのならば、考えも変わりましたが、中古車でしたので、迷わず未使用品の中古の物を注文しました。HPを見れば、大体信用できるかはわかるので、最低価格ではない、そこそこの値付のSHOPのものを選びました。1週間後に宅配便で美装された現物が届きました。SHOPからの取り付け説明書、つまり現状品をどのようにして外すのかも記された丁寧な説明書でした。非常に利便性の高いもので。それを見ながら2時間ほどで取り換えが完了しました。私の車は、フロントフェースがピカピカの新車顔に変わりました。

コメントは受け付けていません。