社用車としてアルファードを運用するならカーリースがお勧め

トヨタが誇る最高級ミニバン・アルファードは社用車としても大人気です。ゆったりくつろげる車内は役員の送迎や視察に最適等、利便性は豊富ですが、これを新車で購入するには車両の費用が高額になるばかりか、所有により様々な経費が定期的に発生する等、経費節減の上で大きなマイナスになってしまいます。
そこで、新しいアルファードを各法人の社用車として運用したいのであれば、経費を徹底して節約出来るカーリースが一番のお勧めです。

カーリースは現金一括あるいはカーローンによる購入と比べ、車両価格の支払いや自賠責保険、登録費用を始めとした重い初期費用をを支払う必要がありません。

アルファードクラスの大型ミニバンとなれば、購入の頭金や各種税金もおのずと高額となり、中小の法人が購入するとなれば経営を圧迫してしまいかねません。しかしカーリースで運用すればそれら各費用を月払いにより細かく定額化し、負担無く運用する事が可能となります。
車検時やメンテナンス時に経費負担が跳ね上がる事も無く、安心です。また定額化により経費を計算し易くなる等、経理上においても有利です。
またアルファードを用意しているカーリース業者は、法人による長期運用に大変有利な特典を設けているのも魅力的なポイントです。
新車購入と比べ大変お得な保険制度やガソリン代割引のサービスがありますし、中には最も負担の重い車検代さえ無料というサービスを備えた業者もあります。各業者の特典を丁寧に調べ、最も相性の良い業者に相談するのがベストです。

コメントは受け付けていません。